新しいパスポートへのビザ転記(ビザ記載の移し替え)

パスポートをタイ国内の日本大使館で更新した場合

新・旧のパスポート原本とコピー(顔写真のページ、直近のビザ、入国スタンプ、出国カード)に加え、在タイ日本大使館から発行された「ビザ転記レター」をご用意ください。
ビザ転記手続きは原則としてビザ発給を受けたイミグレーションでのみ可能です。

ビザ取得者がタイ国外(日本等)でパスポート更新した場合

 日本等でパスポートを更新した場合は、以下の手順でご対応下さい。

  1.  新旧2冊のパスポートを用意、タイ入国の際に旧パスポート内にあるリエントリーパーミット(Re-entry Permit)を入国審査官に明示してください。
  2.  新パスポートに再入国扱いの入国印が押されていることをよくご確認下さい。「Visa Class」という欄に「Non-Re」または「Re」といった記載があればOKです。
  3.  日本大使館に新旧パスポートを持参し、「ビザ転記レター」の発行を受けます。
  4.  ビザ発給地のイミグレーションにて、新パスポートへのビザ転記手続きを実施下さい。

リエントリーパーミットは別途の手続き要

  • 通常、ビザの転記とリエントリーパーミットの転記はそれぞれ申請を行う必要があります。管轄のイミグレーションによって扱いが異なりますので、手続き時に良くご確認下さい。
  • ビザのみを転記した新しいパスポートで出入国すると、再入国許可を持っていないと判断され、ビザ失効・ノービザ扱いになるリスクが高いため、十分ご注意下さい。
  • もしリエントリーパーミットの転記をし忘れた場合は、タイ出国前に新しいリエントリーを取るか、旧パスポートにあるパーミットを入国時に見せることで原則ビザ切れを避けることできます。ただし、トラブル防止のためビザとリエントリーは両方転記を行ってください。

パスポートを紛失し、再発行を受けた場合

「Lost or Stolen Passport Form」というフォームの申請書を使用し、警察署発行の紛失証明、日本大使館発行のレター、新しいパスポートを持参し、イミグレーションで手続きを行います。

紛失したパスポートのコピーが無いとイミグレーションでの手続きが難航する場合がありますので、可能な限りパスポートのコピーや画像(顔写真ページ、有効なビザ、入国印のページ、出国カード等)を保管することをお薦め致します。

リエントリーパーミット(再入国許可)

リエントリーパーミットとは

リエントリーパーミット画像

ビザ (滞在許可)はタイから出国した時点で失効しますが、出国しても現在有効なビザを失効させずタイに再入国したい場合は別途、Re-entry Permit(リエントリーパーミット)を取得する必要があります。

再入国許可の有効期限(Valid Untilに書かれた日付)は、その対象である有効なビザと必ず同じです。

種類

  • シングル・・・出入国1回毎に再取得が必要 (1,000バーツ)
  • マルチプル・・・ビザの期限内、何度でも出入国が可能(3,800バーツ)

取得方法

イミグレーションで事前に取得するか、出国当日に主要な国際空港・陸路国境などで取得できます。空港でのリエントリーパーミットは出発当日フライトチェックインを済ませた後のみ可能です。

  • イミグレーションで事前取得する場合、パスポート原本とコピー、顔写真1枚を持参し、TM8様式という申請書類で申請を致します。
  • スワンナプーム空港では、出国審査場内にある専用カウンター(Re-entry Visaと書かれたデスク)で24時間取得できます。
  • バンコク・ドンムアン空港は、出国審査官にリエントリーパーミットを取りたい旨を伝えて指示に従ってください。24時間対応です。
  • チェンマイやプーケット空港などは原則日中のみとなりますので、ご注意下さい。

「マルチプル・ビザ」と「リエントリーパーミット」の違い

  • マルチプル・ビザ・・・タイに入国する度に、新しい滞在許可が与えられる
  • リエントリーパーミット・・・すでに取得済みのビザ(滞在許可)を、タイから出国しても失わないよう保護するもの

タイ大使館で「マルチプルエントリー」のビザを取得済みの方は、タイ大使館で発給されたビザの使用期限”ENTER BEFORE”の日付までに再入国する場合、特別な理由がなければこのリエントリーを取得する必要はありません。

例えば「Bビザマルチプル1年」を取得した方は1年間、タイに入国する度に90日間までの滞在許可が与えられます。

なお、リエントリーパーミットは、元となる滞在許可の失効を防ぐものであって、「ビザ=滞在許可」そのものではありません。滞在期限を迎えますと、未使用のリエントリーがあっても、ビザと同時に失効しますのでご注意ください。

90日レポート

90日レポートとは

主にノンイミグラントビザ(B、O、EDなど)を取得された方が、90日以上タイより出国しない場合、入国管理局へ現住所申告を義務づけるルールです。言い換えますと、3か月に1回はタイより出国している方については、この申告をする必要はありません。
90日レポートは「居住地報告」ですので、滞在許可(ビザ)の期限などとは基本的に連動せず、期限管理をおこなう必要があります。

申告の方法

イミグレーション窓口での申告

90日目を基準にして、前15日間・後ろ7日間(75日~97日目)の間にパスポート原本と申告用紙(TM47というフォーム)を管轄のイミグレーション窓口に提出。
期限内申告の場合は、委任状不要でどなたでも代理ができます。

インターネット(ウェブブラウザ)での申告 こちらをご覧ください。
スマートフォンアプリでの申告 こちらをご覧ください。
郵送

期限日(90日目)の15日以上前に、書留郵便にて申告する方法です。詳細はイミグレーションウェブサイトをご参照下さい。

申告期限のカウントについて

  • タイへの入国日または前回の90日レポート時から起算し、75~97日目の間に申告を行うこととなっています。(イミグレーション窓口申告の場合)
    途中タイから出国した場合、再入国した日から改めて日数カウントとなります。
  • 例外として、滞在初年度のみ、ビザ期限更新(=滞在延長申請)をした日から起算して90日後が初回の90日レポートの時期になります。
     
     1月1日  Bビザでタイに入国
     3月1日  Bビザの1年延長申請
     5月29日  初回の90日レポート時期(5月14日~6月5日の間が申告期間)
     8月26日  2回目の90日レポート時期

補足と注意事項

  1. 県により細則が異なる
    県により、申告書の書式が多少異なったり、パスポートコピーなど追加書類を求められる場合があります。
  2. TM30(外国人居住届)との関係
    転居をした場合、新居のオーナー等がTM30(外国人居住届)という申告を済ませていない場合、新住所での90日レポートを受け付けてもらえないケースがあります。転居後初めての90日レポートを行う際はこのTM30申告の受領票コピーを用意し、90日レポートをおこなうのが無難です。特に他県から転居した場合は必須とお考え下さい。
    TM30は別項で解説いたします。
  3. ビザ更新をしたイミグレーションへの申告が原則
    90日レポートは、滞在延長を行った管轄の入国管理局で行うことが原則です。自宅がサムットプラカン県、勤務地がバンコク(Bビザ更新をバンコクでした)という場合、バンコク入国管理局での申告となります。
    BOI認可企業など例外はありますが、特段の理由なく他県で90日レポートをしますと次回のレポート時に面倒が生じることがありますので、なるべくお避け下さい。
  4. 罰則について
    申告期限が過ぎてしまった場合、本人がイミグレーション窓口に出頭したうえで2000バーツの罰金支払いとなっています。もし警察官等より指摘を受けた場合は4,000~5,000バーツの罰金となります。90日レポートを行っていない場合、ビザ更新申請ができない事がありますので更新時期は特に注意すべきです。
    一方、ルール外ではありますが、空港から出国する場合は90日レポートについてチェックを受けることは弊社把握の限り稀となっています。(各自のご判断でお願い致します)
  5. レポート受領票はパスポートにホッチキス留めなどし失くさないよう保管下さい。

 

90日レポート申告受領票のサンプル

90日レポート申請手順(スマートフォン使用)

スマートフォン・タブレットを使った90日レポート申請手順をご紹介いたします。

【お願い】操作方法や不具合等については管轄の入国管理局(ホットライン1178など)にお問合せください。イミグレーションのシステム不具合等により申請が完了できない場合が多くなっております。(2021年3月27日追記)

手順

  1. 確認事項
  2. アプリケーションのインストール(初回のみ)
  3. ユーザー登録(初回のみ)
  4. 情報入力
  5. 確認・申告受領票の保存

【1】確認事項

  1. 申告期限
    タイ入国(入国日を含む)または前回の90日レポート申告時から数え、75日目〜83日目がオンラインでの申告期間となります。この期限を超えてしまった場合は84日目〜97日目の間にイミグレーション窓口での申告をおこなってください。
  2. 2回目以降の90日レポート時に使用可
    初回の90日レポートはイミグレーション窓口または郵送での申告が必要です。また、パスポートを更新しビザ転記をした場合もイミグレーション窓口にて一度90日レポートを行わないと新パスポートのデータが反映されないことがあるようです。(2020年1月現在)
  3. 登録用Eメールアドレスが1人1つ必要
    ご家族についても各人ごとにEメールアドレスが必要です。

【2】アプリケーションのインストール

スマートフォンまたはタブレットに「IMM eService」という名称のソフトウェアをインストールします。下のQRコードを読み込むか、タップしてください。

Andoloid

iOS(iPhone)

【3】ユーザー登録(初回のみ)

情報入力すると登録したアドレスに確認のEメールが送られてきますので、メール内の「Set your Password & Activate your Account Now」を押して登録完了となります。【画像クリックで拡大します】

【4】情報の入力

ログイン ⇒ 利用条件承諾 ⇒ 情報入力 ⇒ 入力内容の確認 ⇒ 送信の順で進めて行きます。

ログインしますと、アップデートされていない滞在期限が表示されることがありますが、「Close」を押して継続します。

ログイン⇒ 利用条件承諾 

情報入力

生年月日や入国日など日付を入れる箇所は、カレンダーから選択するか、次の例のように直接入力します。 2019年12月3日 ⇒ 03122019

【情報入力に関する補足】

  •  Arrival Card No.(入国/出国カードに記載された番号)

  • Type of Visa(ビザの種類)… 通常は「Non Immigrant Visa (Non-IMM)」を選択
  •  Visa Issue Date (ビザ発給日)と Visa Expiration Date(滞在期限日)
    滞在期限日は、直近のタイ入国印の「UNTIL」に記載された日付と同一です。



  •  ★1 Select service
    BOI・IEAT認可企業、またはワンストップセンターで労働許可・ビザ手続きを行っている方はこちらをクリック。(主にBOI、IEAT、駐在員事務所、報道機関、資本金3000万バーツ超の企業)

  •  ★2 Use previous address
    前回の90日レポート時より転居されていない方はこちらをクリックし、自動的に表示される住所に誤りがないか確認してください。

入力内容の確認 ⇒ 送信

情報入力後、内容確認し誤りがなければ送信・完了(Finish)を押して申請は完了です。

送信した後、1~3営業日程度よりイミグレーションから完了通知のEメールが届きます。申請却下(Reject)などがなければ、次の「確認・申告受領票の保存」に進んで下さい。

【5】申告受理票の保存

イミグレーションより完了通知のEメールが届きましたら、以下の手順で申告受理票を表示・保存します。

上記⑦申告受理票の赤丸内の日付が次回申告日(約90日後)なっていることを確認します。
この画面を保存する機能が無いようですので、スクリーンショットを取り、その画像を印刷するなどしてパスポートに留めて保管下さい(2020年1月現在)

以上で手続きは完了です。

次回以降、同じようにタイ入国(入国日を含む)または前回の90日レポート申告時から数え、75日目〜83日目がオンラインでの申告期間となります。

90日レポート申請手順(インターネット)

インターネット(ウェブブラウザ)上での90日レポート申請手順をご紹介いたします。

【お願い】操作方法や不具合等については管轄の入国管理局(ホットライン1178など)にお問合せください。他県イミグレーションでの対応状況などは弊社では把握できておりません。

  • 入力途中で「管轄のイミグレーションにコンタクトして下さい」という表示され、2ページ目以降に進めないケースが多くなっています。1日ほど待って再度試すか、スマートフォン・タブレットを使った申告をお試し下さい。

手順

  1. 準備と確認事項
  2. 情報入力から送信まで
  3. 結果確認・申告受領票の保存

【1】確認事項

タイ入国(入国日を含む)または前回の90日レポート申告時から数え、75日目〜83日目がオンラインでの申告期間となります。言い換えますと「90日目」の7~15日前が申請期間です。
この期限を超えてしまった場合は84日目〜97日目の間にイミグレーション窓口での申告をおこなってください。

インターネットで90日レポート申告ができる期間

【2】情報入力から送信まで

ウェブサイトの表示

こちらをクリックして90日レポート申告システムを表示します。

一部のウェブサイト閲覧ソフトでは正常に表示・動作しない場合がありますので、その場合はChrome, Safari, Internet Explorer などでお試し下さい。


トップページが表示されたら下までスクロールします。
「I have read and ….」の左にチェックを入れ、「Accept」を押します。次の画面で青い箇所をクリックし、必要事項を入力していきます。

情報入力1ページ目

  • 「UPPER ENG」とある項は「半角の大文字」で記入
  • 「虫めがね」や「カレンダー」のアイコン(マーク)が有る場合は、それらをクリックして表示される選択肢から選びます。

情報入力2ページ目

  • 住所は、アパート名、階数、部屋番号、市・区名など含め正確に記入します。綴りなどが不明な場合はお住いの管理者等にお訊ねください。(住所が不正確ですと、申請が却下されます)
  • 「現在のビザの発給日」ビザ延長済みの場合は、前回(直近の)延長申請をした日付を記入

90日レポート2ページ目の情報入力

入力内容の確認 3~4ページ目

これまで記入した事項の確認画面が表示されます。 
問題がなければ、「I acknowledge…」の左にチェックを入れ、「Accept」を押します。

次の画面が表示されますので印刷または保存をしてください。


以上で申請は完了ですが、まだ「承認」にはなっていません。承認までは1~3日程度を要します。Eメールアドレスを記載した場合はイミグレーションから通知が届きます。または下記の手順で状況を確認します。

【3】結果確認・申告受領票の保存

審査状況の確認

上の「ウェブサイトの表示」と同様にシステム画面に入り、緑の箇所をクリックし、次の画面で「Passport Information」を選択。パスポート番号等を入力後、虫眼鏡マークをクリックしますと、下段に該当情報が表示されますので、「View」を押します。

Statusには、「Pending」(審査中)、審査後に「Approved」(承認済)、「Rejected」(却下)いずれかが示されます。「APPROVED」になっていれば、無事承認済みとなります。

上の画像内にある「The Next Appointment (PRINT)」ボタンを押しますと、90日レポート受領証が印刷できます。赤枠の中にある日付が次回の90日レポート日になりますが、次回もオンライン申請の場合は、この日付を基準に7~15日前が申告期限となります。

この受領証は、パスポートにホッチキスで留めるなど大切に保管ください。

以上で手続きは完了です。

PAGE TOP