90日レポート申請手順(スマートフォン使用)

スマートフォン・タブレットを使った90日レポート申請手順をご紹介いたします。

【お願い】操作方法や不具合等については管轄の入国管理局(ホットライン1178など)にお問合せください。

手順

  1. 確認事項
  2. アプリケーションのインストール(初回のみ)
  3. ユーザー登録(初回のみ)
  4. 情報入力
  5. 確認・申告受領票の保存

【1】確認事項

  1. 申告期限
    タイ入国(入国日を含む)または前回の90日レポート申告時から数え、75日目〜83日目がオンラインでの申告期間となります。この期限を超えてしまった場合は84日目〜97日目の間にイミグレーション窓口での申告をおこなってください。
  2. 2回目以降の90日レポート時に使用可
    初回の90日レポートはイミグレーション窓口または郵送での申告が必要です。また、パスポートを更新しビザ転記をした場合もイミグレーション窓口にて一度90日レポートを行わないと新パスポートのデータが反映されないことがあるようです。(2020年1月現在)
  3. 登録用Eメールアドレスが1人1つ必要
    ご家族についても各人ごとにEメールアドレスが必要です。

【2】アプリケーションのインストール

スマートフォンまたはタブレットに「IMM eService」という名称のソフトウェアをインストールします。下のQRコードを読み込むか、タップしてください。

Andoloid

iOS(iPhone)

【3】ユーザー登録(初回のみ)

情報入力すると登録したアドレスに確認のEメールが送られてきますので、メール内の「Set your Password & Activate your Account Now」を押して登録完了となります。【画像クリックで拡大します】

【4】情報の入力

ログイン ⇒ 利用条件承諾 ⇒ 情報入力 ⇒ 入力内容の確認 ⇒ 送信の順で進めて行きます。

ログインしますと、アップデートされていない滞在期限が表示されることがありますが、「Close」を押して継続します。

ログイン⇒ 利用条件承諾 

情報入力

生年月日や入国日など日付を入れる箇所は、カレンダーから選択するか、次の例のように直接入力します。 2019年12月3日 ⇒ 03122019

【情報入力に関する補足】

  •  Arrival Card No.(入国/出国カードに記載された番号)

  • Type of Visa(ビザの種類)… 通常は「Non Immigrant Visa (Non-IMM)」を選択
  •  Visa Issue Date (ビザ発給日)と Visa Expiration Date(滞在期限日)
    滞在期限日は、直近のタイ入国印の「UNTIL」に記載された日付と同一です。



  •  ★1 Select service
    BOI・IEAT認可企業、またはワンストップセンターで労働許可・ビザ手続きを行っている方はこちらをクリック。(主にBOI、IEAT、駐在員事務所、報道機関、資本金3000万バーツ超の企業)

  •  ★2 Use previous address
    前回の90日レポート時より転居されていない方はこちらをクリックし、自動的に表示される住所に誤りがないか確認してください。

入力内容の確認 ⇒ 送信

情報入力後、内容確認し誤りがなければ送信・完了(Finish)を押して申請は完了です。

送信した後、1~3営業日程度よりイミグレーションから完了通知のEメールが届きます。申請却下(Reject)などがなければ、次の「確認・申告受領票の保存」に進んで下さい。

【5】申告受理票の保存

イミグレーションより完了通知のEメールが届きましたら、以下の手順で申告受理票を表示・保存します。

上記⑦申告受理票の赤丸内の日付が次回申告日(約90日後)なっていることを確認します。
この画面を保存する機能が無いようですので、スクリーンショットを取り、その画像を印刷するなどしてパスポートに留めて保管下さい(2020年1月現在)

以上で手続きは完了です。

次回以降、同じようにタイ入国(入国日を含む)または前回の90日レポート申告時から数え、75日目〜83日目がオンラインでの申告期間となります。

PAGE TOP